大阪市東住吉区北田辺音楽教室

楽器の弾き方のレッスンを掲載しています。レッスンのお問い合わせはmasaaki241@gmail.comもしくは09069022702までお願いいたします。

タブ譜の読み方その1

こんにちは!北田辺ギター音楽教室です!
レッスンのお申し込み、お問い合わせは以下のページをご覧ください。
・タブ譜の読み方その1
ギターを弾く上で読めると便利なタブ譜の読み方について今回はまとめていきたいと思います。
 
 
実際にタブ譜を見てみましょう

f:id:gurichang:20180705174752j:plain

このように横線と数字が書かれています。
横線が弾く弦を指していて、数字が弾くフレットのポジションを指しています。
一番下の横線は6弦
一番上の横線は1弦を指しています。
 
横線が指している弦をまとめると
1弦
2弦
3弦
4弦
5弦
6弦
 
上記のように横線は並んでいます。
注意点は
自分の視点から見える弦の状態と、タブ譜で示されている弦の状態が逆だということです。
元来、譜面は高い音を上に書くというルールがありますので、一番上の横線は1弦を指すことになります。
 
では次にタブ譜を読んでギターを弾いてみましょう。

f:id:gurichang:20180705174752j:plain

まず1音目は下から二つ目の横線の上に3という数字が書いています。
これをタブ譜のルールに従って弾くと、5弦の3フレットを弾きます。
 
ふたつ目の音は、
下から4つ目の横線に、0という数字が書いてあります。
ここで一つ追記です。
0と書いてある場合は、フレットを押さえずに開放弦を鳴らします。
 
三つ目の音は
上から二つ目の横線に、1という数字が書いてあります。
ここは2弦の1フレットを弾きます。
 
四つ目の音は
上からひとつめの横線に、0という数字が書いてあります。
ここは1弦の開放弦を鳴らします。
 
上記のタブ譜面は演奏すると以下の動画のフレーズになります。
いかがでしたでしょうか。
まずは今回はタブ譜の読み方の入門編をまとめました。
ありがとうございます。
 
レッスンのお申し込み、お問い合わせは以下のページをご覧ください。